◆ 感染症情報 2001年 ◆
7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月
 
12月 嘔吐下痢症と流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が一部の保育所や幼稚園・小学校などで流行しています。現在流行中の嘔吐下痢症は症状が比較的軽いため、ロタウィルスが原因である可能性が高いでしょう。おたふく風邪は3〜8%で髄膜炎を合併したり、まれに膵臓炎や睾丸炎を併発しますから予防接種をしておくべきでしょう。マイコプラズマ肺炎も依然として散見され、無菌性髄膜脳炎で入院された方もおられます。インフルエンザワクチンは重症化を防ぐ効果がありますから、抵抗力の低い方は受けておく方がよいでしょう。
 
11月 松山市の、ある催し物会場で販売されたアイスクリームによるサルモネラ食中毒で二百人の患者が発生したとのことです。本院に高熱と下痢のため入院された方もおり、改めて衛生管理の重要性を喚起したいと思います。気温の変化が大きくなり、喘息や気管支炎が増えてきました。草むらで遊んだ後の接触性皮膚炎や虫刺され、季節はずれの手足口病や溶連菌感染も散見されます。間もなくインフルエンザの季節になりますから、予防接種を受けておくようにしたいものです。
 
10月 幼稚園や小中学校など集団生活の場でマイコプラズマ肺炎が多発しています。秋の訪れと共にイネ科をはじめとするアレルギー疾患が増えています。涙が出て眼の周りが赤くなったり、クマができたりするアレルギー性結膜炎、鼻づまりや水ばなが止まらなくなるアレルギー性鼻炎、息苦しそうな咳が続く喘息などお子さん自身苦しいものですから、早めに治療を受けるようにしましょう。感染症ではありませんが、肥満や高コレステロール血症、体のだるさなどを訴えるお子さんが増えています。生活習慣にも気を付けるようにしましょう。
 
9月 感染症は少なくなっていますが、喘息性気管支炎やマイコプラズマ肺炎が散発しています。咳が長引くようであれば、検査を受けるようにしましょう。全国的にも、当地、愛媛県でも病原性大腸菌による腸炎が多発していますので、食物の衛生管理には気を付けましょう。かなり流行していたムンプス(おたふく風邪)や水痘(みずぼうそう)は、下火になりました。秋の花粉症の季節になりますので、毎年悩んでおられる方は早めに抗アレルギー剤を使用するのも一方法です。
 
8月 今年の夏は全国的にヘルパンギーナが大流行しています。原因はA群コクサッキーウィルスであることが多いですが、コクサッキーBやエコーウィルスが病因のこともあります。愛媛県ではコクサッキーA5とA8が患者さんから検出されていますから、これらのタイプに対する抗体が住民に少ないと言うことでしょう。手足口病もコクサッキーA16が病因のことが多いですが、今夏はエンテロ71ウィルスが検出されていますから、髄膜炎には厳重注意です。おたふく風邪の髄膜炎も散見されますので、猛暑の折り無理をしないようにしましょう。相変わらず腸炎も多いですので、食べ物にも注意しましょう。
 
7月 6月下旬から30度を超える日が続き、今夏の猛暑と体力の低下が危惧されます。ヘルパンギーナや咽頭炎で39〜40度の高熱が続く「夏風邪」が乳幼児から学童まで多発しています。手足口病も散見されますが「のどの痛み」が強くて食事が摂りにくいため、脱水症状を来しやすいので要注意です。暑い夏には「不感蒸泄」といって、皮膚の表面からや呼吸等に伴って、気がつかずに体外に出ていく水分が多くなりますので、小刻みに水分を摂るようにしましょう。高熱で食欲がない場合には、アイスキャンディを少しずつ口に入れるのも良い方法です。
 
6月 急に高熱が出る「風邪」が増えています。アデノウィルスやコクサッキーウィルスが原因と思われますが、溶連菌やEBウィルスが疑われる例もあり、けいれんや気管支肺炎を起こす方も散見されます。水痘(水ぼうそう)やムンプス(おたふく風邪)が多発しており、麻疹もまれにみられます。腹痛や吐き気が続いていた小学生で腹部腫瘤が見つかった例がありました。症状が軽くても長引く場合は小児科を受診するようにしましょう。
 
5月 風薫る5月。今年の黄金週間の後半は4連休となり、旅行中のお子さんが気管支炎で受診される方が目立ちます。気温の変化が大きいと喘息発作が出たり、肺炎を合併して入院される方もいます。腹痛や下痢がそれほどひどくなくても、便の検査で病原性大腸菌が検出される例も見られますから、できるだけ検査は受けるようにしましょう。久しぶりに小学校の高学年で麻疹(はしか)の方が来院されました。39〜40度の高熱とひどい咳と発疹が出てから受診されましたが、基本的に麻疹ウィルスに効く薬はありませんから、くれぐれもワクチンを受けるようにしましょう。
 
4月 桜の名所、道後公園では4月2日に満開とのこと。地球温暖化の影響は動植物の生態に間違いなく影響しています。インフルエンザはほぼ終了して、感染症全般に少なくなっていますが、水痘(みずぼうそう)や流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が一部の地域で流行しています。予防接種はできるだけしておきましょう。それから、咳と発熱が続いて肺炎や気管支炎を併発する方が目立ちますので、こじらせないようにしましょう。
 
3月 本格的なインフルエンザの季節になってしまいました。多くはB型ですが、A香港やAソ連も分離されていますから、感染を繰り返す方もおられます。筋肉痛が強くて筋炎を起こしている方も見られます。あまり人混みには出かけず、規則正しい生活を心掛けましょう。それから、急速に花粉症が増えています。外出時には眼鏡やマスクを使用し、帰宅時には花粉を家の中に持ち込まないよう、上着は玄関先で脱ぎましょう。抗アレルギー剤の内服や点鼻薬、点眼薬も有効です。
 
2月 インフルエンザの季節になりましたが、愛媛県ではAソ連型インフルエンザウィルスがわずかに発生している程度で、流行とまでは言えない状況です。他県ではB型インフルエンザで学級閉鎖しているところもあるようですから、厳重な注意が必要です。ロタウィルスやキャンピロバクター、病原性大腸菌などが腸炎の患者さんから分離されており、RSウィルスによる気管支(肺)炎も多発しています。早くも花粉症の患者さんが出始めていますので、毎年花粉症でお困りの方は、抗アレルギー剤を予防内服するのも一方法です。
 
1月 いよいよ21世紀の始まりです。環境の世紀とも言われ地球温暖化や環境汚染対策は待ったなしですが、同時に分散の世紀、個の世紀とも言えましょうか。年末には小型球形ウィルスによる胃腸炎が幼稚園や学校などで流行したり、各種のエンテロウィルスによる咽頭炎などが散見されましたが、インフルエンザはまだ流行はしておりません。乳幼児でのインフルエンザ脳症は、熱が出て1日か2日でけいれんや意識障害がおこり、専門家にとっても予測が難しいですから、ワクチンをしておくことと、早めにかかりつけの小児科を受診するようにしましょう。



▲TOPへ
■戻る