◆ 感染症情報 2002年 ◆
7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月
 
12月 愛媛県東予地方での成人や小児の麻疹(はしか)流行がマスコミで取り上げられています。新聞報道によると西条保健所管内での3歳健診時の麻疹ワクチン接種率は80%以下とのことであり、麻疹流行は未接種の結果とも言えます。松山市での麻疹ワクチン接種率は90%ですので大流行には至らないと思われますが、なお一層の接種努力が求められます。嘔吐下痢症が流行中でアストロウィルスなどの小型球形ウィルスが分離されています。病原性大腸菌が検出される腸炎患者も多数見られます。咽頭炎も増えており間もなくインフルエンザも分離されるでしょう。今からでもワクチンをしておくべきでしょう。
 
11月 11月の声を聞くと、暑く長かった夏が嘘のように最高気温が15度前後と冬が間近いことを感じさせられます。一部の地域で嘔吐下痢症が流行して小型球形ウィルスが多数分離されています。おたふく風邪や水痘、溶連菌感染などの他、季節はずれの手足口病やヘルパンギーナなどが散見されます。アレルギー性鼻炎やアトピーが悪化するお子さんや、急に喘息発作がおこる方もおられます。間もなくインフルエンザの季節になりますから、風邪をこじらせやすいお子さんや受験生などは、是非ワクチンを受けておきましょう。
 
10月 秋の訪れと共に花粉症や喘息の患者さんが増えてきました。小児の喘息は「風邪」等が引き金になって発作がおこることが多いので、苦しそうな咳が続くようであれば早めに小児科を受診しましょう。喘息と似たゼーゼーといった呼吸音がきかれる乳幼児の細気管支炎を起こしやすいRSウィルスが、普通は冬場に多いはずなのですが、今夏は多数検出されました。下痢の患者さんからは、病原性大腸菌や小型球形ウィルスも多数分離されています。発熱や腹痛の強い下痢には注意しましょう。
 
9月 ヨーロッパやアジア各地での洪水被害の一方で松山では30度を超える猛暑が続き、とうとう松山市では取水制限が始まりました。夏ばて気味の方も多く、ウィルス性胃腸炎やサルモネラによる腸炎が目立ちます。髄膜炎の患者さんからエコー13ウィルスが複数で検出されています。コクサッキーウィルスによるヘルパンギーナなど高熱の患者さんやマイコプラズマ肺炎で入院される方も引き続き見られます。これから涼しくなると喘息やイネ科を中心とするアレルギー性疾患にも注意が必要です。
 
8月 日本各地で気温が38度を超えたというニュースが流れています。高熱と頭痛、全身倦怠感を訴える患者さんが増えています。咽頭培養からコクサッキーウィルスが多数分離されています。病原ウィルスは未確定ですが髄膜炎で入院される患者さんが増えつつあります。マイコプラズマ肺炎に引き続いてマイコプラズマ髄膜炎を来した患者さんが入院されました。溶連菌も多数検出されていますし、本来冬季に多いはずのRSウィルスが気管支炎の患者さんから多数検出されています。とびひや手足口病も見られます。
 
7月 例年にも増して暑い夏の到来です。地球温暖化対策として身の回りの省エネに積極的に取り組みたいものです。アデノウィルスによる高熱を伴う「夏かぜ」「プール熱」やコクサッキーウィルスによる手足口病が見られるようになりました。マイコプラズマ肺炎や髄膜炎も見られます。原因はまだ未確定ですが1週間以上高熱が続く患者さんもおられます。「とびひ」や「おたふく風邪」「溶連菌感染」更には病原性大腸菌やサルモネラ菌による腸炎など、今年の夏は要注意です。
 
6月 ヘルパンギーナやプール熱などと呼ばれる「夏風邪」症候群が5月下旬から目立ちます。コクサッキーウィルスやアデノウィルスが原因で、急な高熱を来したり脱水症やけいれん、髄膜炎を引き起こしたりするので厳重な注意が必要です。一時治まっていた流行性耳下腺炎(おたふく風邪)や水痘(みずぼうそう)が多発しています。感染力が強いので症状が出ている間は集団生活を控えるなどの気配りが必要です。気管支炎や肺炎で入院される方が続いています。嘔吐下痢症はやや少ない傾向です。
 
5月 黄金週間は如何お過ごしでしょうか。感染性胃腸炎の患者さんから依然としてロタウィルスや小型球形ウィルスが多数分離されています。学童や成人で腹痛や下痢の患者さんから病原性大腸菌も分離されていますので、食品の衛生管理と手洗いを励行するようにしましょう。EBウィルスという、厄介なウィルス感染も散見されます。熱が出たり発疹が出たりして風邪症状を繰り返し、リンパ節や肝臓、脾臓が腫れたりして血液検査でも異常が出てきます。症状がひどければ入院が必要になりますので注意しましょう。
 
4月 今年の桜前線は例年より10日前後早く、最高気温が20度を超えるなど地球温暖化の影響が懸念されます。溶連菌感染症、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、水痘(みずぼうそう)が依然として多く見られます。嘔吐下痢症からはロタウィルスが多数分離されています。花粉症はピークは過ぎましたが、鼻づまりや目の回りのクマ、夜間の咳、湿疹や蕁麻疹などで来院される方も目立ちます。
 
3月 感染症は全般的に多くはありませんが、A香港、Aソ連、B型のインフルエンザやアデノウィルス感染、溶連菌などが散見されます。一時期の小型球形ウィルスによる急激な嘔吐下痢症は影を潜め、比較的軽症の胃腸炎や病原性大腸菌による腸炎などが見られます。花粉症が急速に増えており、喘息発作も増加傾向にあります。RSウィルスによる呼吸困難を伴う乳幼児の気管支炎も見られます。
 
2月 全国的にインフルエンザが流行し始めました。当地松山ではA香港が大多数ですがとAソ連も検出されています。迅速検査ではB型も見られるとの情報もあり、インフルエンザ様の急な発熱、全身倦怠(だるさ)などを繰り返す恐れもあります。小型球形ウィルスによる嘔吐下痢症も引き続いて流行しており、病原性大腸菌による血便や下痢を訴える患者さんも見られます。おたふく風邪や水ぼうそうも依然として散見されます。花粉症も増えつつありますので予防に気を付けましょう。
 
1月 明けましておめでとうございます。厚生労働省の人口動態統計によると、2001年に生まれた赤ちゃんは117万5千人(前年より1万6千人減)で過去最低との事です。「子ども受難の時代」と言われながら少子化対策が不十分なために、子どもが持てない側面もあるようです。嘔吐下痢症の患者さんから小型球形ウィルスが多数検出されています。インフルエンザが一部の都府県で出始めています。インフルエンザ脳炎・脳症や肺炎など重症化を防ぐにはワクチンが一番ですから、是非とも受けておくようにしたいものです。



▲TOPへ
■戻る