◆ 感染症情報 2005年 ◆
7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月
 
12月 鳥インフルエンザのニュースが世界中を駆け巡っていますが、国内では嘔吐下痢症と気管支肺炎が増加傾向にあります。糞便検査ではロタウィルスやサホロウィルスが分離され、咽頭からはコクサッキーやRSウィルスが検出されています。乳幼児でも熱と咳が続いて肺炎になって入院されるお子さんが多いので、気をつけましょう。インフルエンザのワクチンはまだ間に合いますので、早めに受けておくようにしましょう。インフルエンザ脳症のニュースが報道されていましたが、小児科専門医での的確な治療が必要です。
 
11月 朝晩が冷え込む日には風邪症状や喘息が多くなります。肺炎や気管支炎も増加傾向にありますので、風邪を長引かせないようにしましょう。乾燥肌やアトピーが悪化するお子さんも増加傾向にありますので保湿剤等で早めに治療しましょう。かゆみの為に寝不足になると、イライラしたり集中力が低下して昼間の活動にも影響が出てきます。血便を伴った腸炎が目立ちキャンピロバクタ−や病原性大腸菌が検出されています。ムンプス(おたふく風邪)で高熱が続く方もいます。合併症で難聴になると一生回復しませんから要注意です。
 
10月 記録的な暑さが過ぎて気温の変動が大きくなると、咽頭炎、気管支(肺)炎などが増えてきます。アレルギーの患者さんでは花粉症や喘息も増加傾向にあります。副作用が少なくて有効な薬剤も多数開発されていますので早めに専門医の治療を受けるようにしましょう。発熱、腹痛と下痢(血便)の患者さんからキャンピロバクタ−が多数検出されています。病原性大腸菌も分離されていますので、食材の管理(十分に過熱すること)に気をつけましょう。秋のポリオの期間が終わると間もなくインフルエンザワクチンの受付が始まります。
 
9月 高熱を来す咽頭炎の中で、CRPなどの血液検査で強い炎症反応を認めたり生化学検査で異常が見られるお子さんが目立ちます。気温が高いこともありますが、通常の点滴だけでは治りにくい方もいますので注意が必要です。アデノウィルスが数種類、分離されています。感染性胃腸炎では病原性大腸菌がしばしば検出されていますので、食品管理には注意しましょう。ムンプス(おたふく風邪)で高熱が続き髄膜炎を合併する方もおられます。もし移ってしまったら全身状態が悪化しないよう、部屋を涼しくして水分を補うようにしましょう。
 
8月 アデノウィルスやコクサッキーウィルスによる高熱を伴った咽頭炎が目立ちます。吐き気や腹痛を伴ったり、手足口病のように発疹が見られることもあります。暑さによる熱中症も散見されますから、炎天下での長時間の遊びや作業には注意しましょう。ノロウィルスや病原性大腸菌、キャンピロバクタ−による感染性胃腸炎なども引き続き見られます。ムンプス(おたふく風邪)は小流行が続いており、高熱を伴う方も見られます。難聴や髄膜炎などの合併症も危惧されますから、ワクチンは是非とも受けるようにしましょう。
 
7月 梅雨入りをしたと言うのに、西日本では記録的な少雨と暑さのためダムの貯水量や地下水の水位低下が心配されています。感染症は全般的に少なめですが、アデノウィルスやコクサッキーウィルスによる高熱を伴った咽頭炎が目立ち、髄膜炎が疑われるお子さんも見られます。乳幼児の気管支肺炎の他に、御高齢で39度の発熱と咳が続き肺炎で入院された方がおられました。高熱、腹痛と血便(下痢)を訴える患者さんも散見され、病原性大腸菌、キャンピロバクター、ノロウィルスなどが分離されています。食材の管理に注意しましょう。
 
6月 急に高熱を来す咽頭炎、気管支(肺)炎が多発しています。全身状態が半日くらいで急速に悪化してグッタリして点滴が必要になる方もおられます。発熱に伴ってけいれんを起こし、救急車を呼ばれる方もいますが、ほとんどの熱性けいれんは5分くらいで治まりますから、落ち着いて様子をみて次回診察の時にどのようなけいれんだったかを知らせるようにしましょう。10分〜15分以上けいれんが続いたり、数分のけいれんを繰り返すようであれば救急車を依頼するようにしましょう。感染性胃腸炎も増加傾向でノロウィルスやロタウィルス、サルモネラなどが検出されています。
 
5月 4月終わりから各地で25度以上の夏日が続き、感染症も「夏バージョン」でアデノウィルスやコクサッキーウィルスによる咽頭炎、ヘルパンギーナや感染性胃腸炎、手足口病などが混在しています。喘息や乳幼児の気管支(肺)炎が目立ちます。紫外線による日光皮膚炎、接触性皮膚炎やあせも、とびひなどの皮膚疾患と共にアトピーが悪化する患者さんも多く見られます。早めの治療と管理が必要です。腸炎の患者さんで、服薬によって下痢が改善した後でも、便検査でサルモネラ菌が長らく排出されている例がありました。
 
4月 インフルエンザは下火にはなりましたが、今なおA型B型とも発生しており、高熱が続いて肺炎や脳症を合併される方もいます。胃腸炎の患者さんからノロウィルスやロタウィルスも少なからず分離されています。つい最近ムンプス(おたふく風邪)で高熱が続いた後に難聴(耳が聞こえなくなった)を来したお子さんが来院されました。残念ながら、今後の聴力の回復はほとんど期待できません。髄膜炎、膵炎、睾丸炎と共に難聴はムンプスの重大な合併症と考えられていますから、予防接種は受けておくべきでしょう。花粉症の症状が強い方が目立ちます。マスクや帽子を着用したり、花粉の多い日は外出を控えるにしましょう。
 
3月 2月下旬から急速にインフルエンザ様疾患が流行するようになってきました。多くはB型インフルエンザですが、時折A型も検出されています。脳症や肺炎を合併したりしますから乳幼児の急な高熱には厳重な注意が必要です。嘔吐下痢症も多くノロウィルスに加えてアデノウィルスやロタウィルスも分離されています。流行性耳下腺炎(おたふく風邪)と水痘(みずぼうそう)は今なお流行中です。花粉症が増加傾向にあり、目の周りがはれたり鼻汁や鼻づまりで眠れなかったり皮膚がかゆくなったりしますから、早めに治療(予防)するようにしましょう。喘息や気管支炎も散見されます。
 
2月 ノロウィルスによる急性胃腸炎(嘔吐下痢症)が多発しています。高熱や頭痛、咽頭痛等を訴える患者さんも増えていますが、多くはアデノウィルスやエコーウィルスが原因であり、インフルエンザは少数です。溶連菌感染症も散発しています。水痘(みずぼうそう)と流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が一層流行の兆しを見せています。RSウィルスによる気管支炎や肺炎も例年より増加傾向にあります。花粉症や喘息の患者さんが増えてきました。アレルギー体質の方は体調の維持と予防を心掛けましょう。
 
1月 年末から各地でインフルエンザの報告がなされ、愛媛県では主にB型の発生が報告されています。まだ大流行には至っていないので、間に合うようであればワクチンを受けておきましょう。小児でも成人でも嘔吐下痢症が大流行しています。ノロウィルス等の小型球形ウィルスが原因であると思われ、症状が強いので注意しましょう。その他に咽頭炎や気管支炎、肺炎等が増加しています。おたふく風邪や水痘も依然として流行しています。今年は花粉が相当に多いと予測されていますので、花粉症の方は1月頃から要注意です。例年、花粉症に悩まされている方は予防投薬等を御相談下さい。



▲TOPへ
■戻る