◆ 感染症情報 2006年 ◆
7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月
 
12月 12月を迎えた途端に、急に厳しい寒さが襲ってきました。ノロウィルスによる感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)が松山だけでなく全国的にも大流行中です。感染力が強いので、うがい、手洗いを励行しましょう。アデノウィルスを中心とした咽頭炎や溶連菌感染も目立ちます。RSウィルスによる細気管支炎や喘息性気管支炎、更にはマイコプラズマ肺炎も増加傾向に有ります。気候の変化に伴う喘息の悪化に要注意です。水痘(みずぼうそう)が一部の園で流行中です。インフルエンザは、まだ流行には至っていませんのでワクチンを急いで受けるようにしましょう。ここに文章を書きます。
 
11月 マイコプラズマ肺炎やウィルス性の気管支肺炎が目立ちます。咳や発熱が続く時には早めに診察を受けましょう。園や学校を休んで、他の子にうつさないような気配りも必要です。松山在住の方は病後児保育を利用できます。ムンプス(おたふく風邪)は今なお散見されます。インフルエンザのワクチンを始めましたので、体質等を知ってもらっているかかりつけ医でアレルギー等にも注意して受けるようにしましょう。複数の感染性胃腸炎の患者さんから病原性大腸菌が検出されています。
 
10月 急速に秋らしくなって、朝夕が冷え込む日も見られます。喘息気味の方が運動会や宿泊訓練などに無理に参加して悪化する例が見られます。気管支炎や肺炎が増加傾向に有ります。急に高熱を来す咽頭炎が散見されアデノウィルスが分離されています。幼稚園児を中心にムンプス(おたふく風邪)が増加傾向に有ります。聴力障害がのこる事が有りますから注意しましょう。サルモネラや病原性大腸菌による胃腸炎も散見されます。花粉症で鼻閉(鼻詰まり)が強い方も増加傾向に有ります。
 
9月 まだまだ残暑が残っていますが、秋は日一日と近づいて来ています。今年はイネ科のアレルギー症状が強いようです。喘息症状で咳が強かったり、鼻汁や鼻閉(はなづまり)、涙が止まらなかったり眼が腫れたりします。気温の変化が強いと体調をくずして「風邪」を引きやすくなりますから注意しましょう。ウィルス性の気管支炎や肺炎に罹る方が、乳幼児から熟年の方まで多いようです。もし罹ったら、他の方に移さないよう集団生活を避けて、早めに治療を受けるようにしましょう。
 
8月 猛暑による熱中症の患者さんが多数発生しています。ヘルパンギーナや咽頭炎で高熱が数日間続いたり、肺炎を合併して入院される方もいます。ウィルス検査ではアデノウィルスのA2, A4型、コクサッキーウィルスなどが分離されています。水分を小まめに摂って、炎天下で長時間遊んだりしないような注意が必要です。水痘(みずぼうそう)、ムンプス(おたふくかぜ)も小流行中です。とびひや日光過敏、接触性皮膚炎などの皮膚疾患も増加傾向に有ります。松山で病原性大腸菌0-157が検出されました。食品管理に気をつけましょう。
 
7月 アデノウィルスやコックサッキーウィルスなどによる咽頭炎、手足口病、感染性胃腸炎などが多発しています。高熱が3日以上続いたり、のどが痛くて食事が摂りにくくなりますので、部屋を涼しくしてアイスキャンデーなどを口に入れてあげるのも一方法です。水痘(水ぼうそう)も小流行中です。紫外線による皮膚炎や砂場、水遊び等に伴う接触性皮膚炎も増えています。炎天下での外出の際には、ゆるめのTシャツや長そでのシャツも有効でしょう。
 
6月 今なお、B型を中心としてインフルエンザが発生しています。RSウイルスによると思われる幼少児の細気管支炎や肺炎が多発しています。手足口病やヘルパンギーナ、溶連菌感染なども増加傾向に有ります。水痘(水ぼうそう)は依然として小流行中です。アデノウィルスやロタウィルス、病原性大腸菌による感染性胃腸炎も増えぎみです。早くも30度を超えて「クールビズ」が勧められていますが、子供でも直射日光を避けて涼しい衣類を心掛ける事と、こまめな水分補給が大切です。
 
5月 一部の学校でB型インフルエンザが小流行したり、A型も散発的に発生しています。ロタウィルスを中心に急激な嘔吐下痢症状を伴う感染性胃腸炎が目立ちます。花粉症はほぼ収束してきましたが、喘息や難治性の気管支炎や肺炎が散発しています。ヘルパンギーナ、溶連菌感染、ヘルペス感染等と共に、日光過敏症などの皮膚疾患も見られるようになりました。地球温暖化のせいか夏風邪の季節が早まりそうで、暑さ対策(脱水症状に注意)と日焼け対策を心掛けるようにしましょう。
 
4月 桜の便りと共に新学期の季節になりました。生活環境が変わって体調が悪くなる子供さんが多いようです。早寝早起きと規則的な食生活を心掛けるようにしましょう。インフルエンザは激減していますが、今なおA型やB型が検出されています。嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)はノロウィルスは下火になりロタウィルスが増加傾向に有ります。喘息や気管支肺炎がやや目立ちます。急性腎炎や急性小脳失調症などが見られ、いずれも先行感染があって「風邪は万病の元」といった感です。ムンプス、水痘も散発しています。
 
3月 インフルエンザは減少気味ですが、なお各地で報告されています。今年も相当数のインフルエンザ脳症が発症した模様です。春の訪れと共に、花粉症が増加傾向にあります。風の強い日の外出を控えたり、帽子やマスクの着用が勧められます。毎年症状の強い方には予防投薬も有効です。喘息や気管支炎も増加傾向にあります。病原性大腸菌やノロウィルス、ロタウィルスによる感染性胃腸炎も散発しています。4月から予防接種の仕組みが変更になりますので、麻疹、風疹を未接種の方は注意をして小児科に相談してください。
 
2月 インフルエンザが本格的に流行し始めています。ほとんどはA香港ですがB型もわずかに見られます。花粉症や喘息の患者さんも増えてきました。嘔吐下痢症は減少気味ですが、ノロウィルスや病原性大腸菌による急性腸炎が散発しています。水痘(みずぼうそう)やムンプス(おたふく風邪)が小流行中で、髄膜炎を合併して入院された患者さんもいます。夜間急患センターは連日混雑しているようですが、症状が軽く一晩家で様子を見る方が良いお子さんが多いのが実情です。熱があっても機嫌が良ければ、まず大丈夫です。
 
1月 例年より早くインフルエンザの流行期に入ったと報道されています。愛媛県では12月からノロウィルスによる嘔吐下痢症が大流行中です。水様下痢が続いて全身症状が悪化する方が多いので、早めに受診するようにしましょう。RSウィルスによる(細)気管支炎や肺炎も多発しています。少子化が進行して人口減少国家になってしまいました。若い世代に対する具体的な支援策が求められます。産婦人科や小児科医が減少し、小児科を閉鎖する病院が後を絶ちません。子供をサポートしない社会は滅亡へと向かっていくのでしょうか。



▲TOPへ
■戻る