◆ 感染症情報 2008年 ◆
7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月
 
12月 RSウィルスを始めとするウィルス性の気管支炎や肺炎が多発しています。感染力が強く兄弟やご両親も咳や発熱が見られたりします。インフルエンザのニュースが聞こえてくるようになりましたが、まだわずかで流行とは言えないほどです。ワクチンを予定している方は早めに接種して下さい。乳幼児のインフルエンザ脳症が出ないように、それから新型インフルエンザも発生しないように祈るばかりです。「風邪」を引いている方は集団生活を控えたり、マスクを着用して他の人にうつさないような気配りが欲しいものです。感染性胃腸炎はそれほど多くはありません。
 
11月 RSウィルスによる細気管支炎や気管支肺炎の患者さんが増えています。咳が長引いて眠れなかったり食欲が低下したり嘔吐したりします。感染力が強いので集団生活には注意が必要です。点滴をしたりステロイドを使わないと良くならない場合も多いので早めに受診しましょう。感染がきっかけで喘息発作を起こす方も増えています。タバコのにおいだけでも喘息が悪化しますので、タバコは是非とも止めたいものです。感染性胃腸炎はやや少なめです。インフルエンザが今年は早めに発生する恐れがありますので、小さなお子さんや受験生はワクチンをしておきましょう。
 
10月 秋の訪れと共に喘息発作や喘息性気管支炎で来院される方が増えています。夜間に咳が続いたり、運動をした時に咳込んだりしますので早めに受診するようにしましょう。乳幼児を中心として高熱と咳が続き、ウィルス性の肺炎が疑われる方も多いようです。ムンプス(おたふく風邪)も散見されます。ポリオワクチンが終わると、間も無くインフルエンザの予防接種の予約が始まります。麻疹(はしか)風疹ワクチンの3期として中学1年と高校1年の年齢でも受ける事になりましたが、まだ接種率は50%台ですので、該当年齢の方は早めに受けるようにしましょう。
 
9月 中学や高校生の麻疹(はしか)患者が一部の学校で流行しています。多くはワクチン未接種です。全国的な麻疹発生のため、平成20年から24年度の5年間、麻疹、風疹の予防接種対象者が拡大されています。中学1年生(3期)と高校3年(4期)の年齢の方は無料で受けられます。市から郵送される説明書をよく読んで対象年齢の方は早めにワクチンを受けて下さい。百日咳や長引く咳(気管支炎)も多めです。ムンプス(おたふく風邪)も散発的に発生しています。秋の訪れとともに喘息や花粉症が増加傾向にあります。気温が休に下がったり、天気が崩れる時には喘息が悪化する傾向がありますから注意しましょう。
 
8月 記録的な暑さのニュースに驚かなくなりました。地球温暖化防止は待ったなしです。アデノウィルスやコクサッキーウィルスによる”夏風邪”が多発しています。年齢を問わず咳が長引いて気管支炎や肺炎を合併する患者さんが目立ちます。咳のひどい患者さんの咽頭検査で百日咳遺伝子が検出されています。ムンプス(おたふく風邪)水痘(水ぼうそう)が一部の園などで小流行中です。麻疹(はしか)が松山市で発生しています。いずれもワクチンが利用できる病気ですから、早めにワクチンを受けるようにしましょう。特に麻疹(はしか)については日本での発生と外国への持ち込みが多く「麻疹輸出国」の汚名を着せられています。
 
7月 急に高熱がでる乳幼児が増えており、咽頭からアデノウィルスやヘルペスウィルスが分離されています。 熱性けいれんを引き起こす方もありますが、ほとんどは数分で治まりますので、救急車を呼ぶ必要はありません。 むしろ安静にしている方が早くけいれんは治まります。大声で名前を呼んだり身体をゆすったりして刺激を与えると、けいれんが長引く傾向がありますので、落ち着いて、どのようなけいれんかを観察して次回診察のおりに報告して頂けると診断の手助けになります。感染性胃腸炎や水痘(みずぼうそう)ムンプス(おたふく風邪)も小流行中です。日差しが強くなりますので、日光皮膚炎や脱水には気をつけましょう。
 
6月 百日咳が増加傾向にあります。三種混合ワクチンを未接種の方は早急に接種するようにしましょう。アデノウィルスによる咽頭炎も増加傾向にあります。高熱が数日間続きますので脱水症に気をつけましょう。溶連菌感染症も引き続き散見されます。ムンプス(おたふく風邪)や水痘が小流行中です。感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)が多く、一旦少なくなっていたノロウィルスが再度増加傾向にあります。病原性大腸菌による腸炎も増加していますから食品の管理には注意しましょう。日差しが強くなり、蕁麻疹や皮膚炎を起こすお子さんが増えています。砂いじりや水遊び、虫刺されによる皮膚炎も増加傾向にあります。
 
5月 早くも最高気温が30度を超えた地域もあるようです。十和田湖での鳥インフルエンザ(H5N1)検出が報道されています。死亡したり病気の鳥に近づいたり触ったりしないなど住民にも厳重な注意と感染予防対策が求められます。急に発熱を来す上気道炎の患者さんからアデノウィルスが検出されています。感染性胃腸炎(嘔吐下痢)が引続き発生しています。以前はほとんどがノロウィルスが原因でしたが、4月中旬からロタAウィルスが多数検出されるようになりました。5月12日から松山ではポリオワクチンの個別投与が始まりますので、かかりつけ小児科で予約をするようにしましょう。
 
4月 ノロウィルスによる感染性胃腸炎の流行が続いています。嘔吐や下痢の症状が強く、発熱や全身状態が急速に悪化する患者さんもいます。家族内や集団での感染力が強いので吐物や下痢便の処理には気をつけて手洗いを励行しましょう。感染性胃腸炎の患者さんからはロタAウィルスも検出されています。インフルエンザはかなり少なくなってきましたが、なおA香港やB型が散見されます。逆にアデノウィルスや溶連菌による咽頭炎が増えつつあります。スギ花粉の飛散も続いており、花粉症やアレルギー性湿疹、喘息発作なども増加傾向にあります。入学前に法定のワクチンは全て済ませるようにしたいものです。
 
3月 インフルエンザの小流行が続いています。Aソ連型が中心ですがB型も少数ながら検出されています。解熱しても2~3日は感染しますので集団生活は控えるようにしましょう。アデノウィルスによる咽頭炎や溶連菌感染も多く見られます。 ノロウィルスによる感染性胃腸炎(嘔吐下痢)は依然として流行中で症状も感染力も強いので注意しましょう。花粉症が急増しています。鼻詰まりや結膜炎だけでなく、皮膚症状も出ますので予防と早めの治療が大切です。咳が長引いて気管支(肺)炎になったり喘息症状が出る患者さんも目立ちます。タバコの匂いで症状が悪化しますので家族のためにも禁煙しましょう。
 
2月 本格的なインフルエンザの流行期になりました。Aソ連型インフルエンザが中心のようです。通常は高熱と全身のだるさが特徴ですが、今年は38度前後の発熱で比較的元気な方も見られます。タミフルやリレンザを使わなくても2~3日で解熱して治ってくる患者さんも多いので、乳幼児以外では、全例に抗ウィルス剤を使うのは考えものです。
気管支(肺)炎の患者さんから多数のRSウィルスが分離されています。呼吸困難を伴った咳が長引きますので注意が必要です。ノロウィルスによる感染性胃腸炎(嘔吐や下痢、発熱)も多数見られます。スギ花粉の飛散が始まりました。花粉症の方は早めに予防薬を使うのも一方法です。
 
1月 12月中旬からノロウィルスによる感染性胃腸炎が大流行しています。 嘔吐や下痢の症状が強く、急速に脱水症状が出やすいので早めの受診が必要です。 兄弟や親子間での家族内感染や保育所・幼稚園・学校や施設などでの集団感染も多く 厳重な注意が必要です。吐物や下痢からウィルスが感染するので、処理には気をつけて, うがい手洗いを励行しましょう。
インフルエンザの流行が始まりました。タミフルを始めとする抗ウィルス剤の副反応の 可能性が指摘されています。乳幼児以外では抗ウィルス剤が不要な例も多く、安静・栄養保持と 対症療法で治る方も多いので、発熱だけで救急を受診する必要はありません。



▲TOPへ
■戻る