◆ 感染症情報 2009年 ◆
7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月
 
12月 11月下旬から急速にA型インフルエンザが流行し始めました。ほとんどが新型で、季節型に比べてインフルエンザ脳症や肺炎を合併して重症化する傾向が強いようです。重症化する例は、発症して1〜2日で呼吸困難になったり意識障害やけいれんが起ったりします。ワクチン接種が間に合うようであれば、是非接種しておきましょう。RSウィルスによる細気管支炎も増加傾向に有ります。予防が一番ですが、病気になってしまったら他の人にうつさないように集団生活を控えるのも大切なマナーです。
 
11月 10月下旬から愛媛県全域で急速にインフルエンザが増えてきました。小さなお子さんでは早くから高熱と呼吸困難が生じやすく肺炎の合併が多いので、厳重な注意が必要です。特に喘息気味の方は早めに治療を受けるようにしましょう。ただ医療機関を受診する時には、他の患者さんにうつさないようにマスクをして、診察時間を病院で確認してから受診して下さい。新型インフルエンザのワクチンも間も無く開始されます。新型ワクチンでは発疹や嘔吐などの副反応が出やすいようなので、アレルギー体質の方は主治医と十分に相談して判断して下さい。
 
10月 全国的に新型インフルエンザが増加傾向にありますが、愛媛県では今のところ大きな流行には至っていません。ただインフルエンザにかかると、低年齢のお子さんでは重症になりやすいので注意が必要です。RSウィルスによる気管支(肺)炎も散見されます。咳が長引いて呼吸困難を来す方も目立ちますので早めに受診するようにしましょう。気温の変動に伴い喘息発作を来したり花粉症と思われる目や鼻の症状を訴える方も増えています。ムンプス(おたふく風邪)も散見されます。予防接種を早めに受けるようにしましょう。
 
9月 新型インフルエンザが流行期に入りました。手洗いやうがいを励行し、睡眠や食事にも注意を払いましょう。咳や熱のある方は他の人にうつさないマナーも求められます。ただ臨床の現場では、インフルエンザよりもアデノウィルスやコクサッキーウィルスによる高熱の患者さんの方が圧倒的に多いので、落ち着いて対処するようにしましょう。水分を小まめにとって安静にする方が早めに熱は下がります。血便を伴う感染性胃腸炎が目立つので年長のお子さんの長引く下痢はトイレで観察するようにしましょう。
 
8月 7月中旬からアデノウィルスによる咽頭炎(夏かぜ)やエンテロウィルスによる手足口病が増加傾向にあります。アデノウィルスでは高熱が続き脱水症を起こしやすいので気をつけましょう。手足口病は通常はコクサッキーウィルスが原因で余り熱は出ませんが、高熱が続いたり身体のふるえが見られる場合は髄膜炎を合併する場合もあります。感染性胃腸炎は比較的少なめです。ムンプス(おたふく風邪)や水痘(水ぼうそう)が目立ちます。県内の一部の地域で新型インフルエンザが発生しているとの報告があります。
 
7月 6月下旬から30度を超える日が続き、熱中症や脱水症、日光皮膚炎に注意が必要です。ヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜炎(アデノウィルス感染症)が散見されるようになりました。細気管支炎や喘息性気管支炎も目立ちます。ムンプス(おたふく風邪)や水痘(みずぼうそう)が小流行中です。おたふく風邪では難聴の後遺症を引き起こす事があるので、予防接種を受けておきましょう。感染性胃腸炎では、ロタウィルス、ノロウィルス、病原性大腸菌などが検出されています。
 
6月 新型インフルエンザは国内での流行が峠を越え、鳥インフルエンザのように強毒性ではないということが分かって落ち着きを取り戻しつつあります。感染症は全般的に少なめですので、今のうちに接種が残っている予防接種は忘れずに接種しておきましょう。例年では間も無く手足口病や接触性皮膚炎、あせも、とびひ、日光皮膚炎など皮膚に症状が出やすい病気が増えてきます。オゾン層の影響か紫外線が以前よりも強くなっており、皮膚や遺伝子に悪影響を与えます。注意しましょう。
 
5月 メキシコから始まった豚インフルエンザの流行は、急速に世界中に広まりつつあります。米国での初めての死亡例が1歳の小児であり、乳幼児や体力の弱った人は厳重注意でしょう。手洗い、うがい、マスク着用を心掛けましょう。日常診療では高熱を伴った扁桃炎が目立ちます。アデノウィルスによる咽頭結膜炎も散見されます。咳や熱が長引いて気管支(肺)炎になって入院される方も多めです。感染性胃腸炎の患者さんからノロウィルス、ロタAウィルス、ロタCウィルス等が検出されています。
 
4月 3月下旬になってもB型を中心としてインフルエンザが流行しています。アデノウィルスによる咽頭炎やRSウィルスによる細気管支炎や肺炎も目立ちます。流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が一部で流行しています。ノロウィルスによる感染性胃腸炎も多く、吐き気が強く続いて発熱を伴ったりしますし、感染力が強いので注意しましょう。スギ花粉症は間も無く減ってきますが、ヒノキの花粉症の方もいます。紫外線が強くて日光過敏症や皮膚炎を起こしたりしますので、皮膚の弱い方は気をつけましょう。
 
3月 インフルエンザ流行が続いており、最近ではA型よりもB型が多い傾向にあります。タミフル耐性が増えており、10歳未満でもタミフル服用に伴って不穏感や興奮などが見られる方がおられます。咳と発熱が続いてマイコプラズマ肺炎で入院される方が目立ちます。アデノウィルスやコクサッキーウィルスによる咽頭炎も目立ちます。嘔吐下痢症はノロウィルスが多いですが、ロタAウィルスも分離されるようになっています。花粉症が続いており、湿疹が悪化したり喘息発作が生じる方もいます。
 
2月 1月中旬から各地でインフルエンザの流行が見られるようになりました。Aソ連、A香港、まれにB型が検出されていますので、繰り返しインフルエンザに罹る方もおられます。タミフルが効かないA型やリレンザによる異常行動の報道もありますが、乳幼児以外では全身状態が良ければ、それほど慌てる必要はありません。感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)も依然として流行しており、ほとんどがノロウィルスが原因です。今年はスギ花粉症が多いと予想されており、早めに予防策を取るようにしましょう。
 
1月 インフルエンザが流行期に入りましたが、まだ流行は限定的ですのでワクチンを未接種の方は早期の接種が望まれます。A型が主体で、抗ウィルス剤によって解熱効果は期待できますが、熱が下がっても感染しますので2~3日は集団生活に戻さないようにしましょう。乳幼児を中心にRSウィルスによる細気管支炎や肺炎が多発しています。咳(呼吸困難)が長引いて感染力も強いのでインフルエンザよりも要注意でしょう。高熱をきたす咽頭炎の患者さんからアデノ3型やエコーウィルスも分離されています。



▲TOPへ
■戻る